HOME > 保育理念・方針

保育理念・方針

保育理念

人々が安心して暮らすことの出来る社会は、良識ある人間一人ひとりによって作られます。

大根布保育園では、良識ある人間を育てる基礎づくりの一端を担うことを目的に、理論に裏付けられた知識と技術を用いて、広義の教育を実施します。


良識ある人間とは…
家族の安全と幸せを願い、それと同じだけ他人の幸せを考えることのできる自立した人間のことです。

保育園の目標

  • 大根布保育園では、保育園を昼間の家庭と考えます。子ども達は安定した居場所の中で互いに影響しあいながら育ち合い、その触れ合いの中から互いの立場を理解する心を育てます。
    気の合う仲間だけでなく、苦手な子に対しても付き合い方を学び、保育士が仲立ちとなりながらも気持ちの収め方を学んでいきます。子ども達が様々な体験を共有しながら、一人ひとりが「考える力」や「他人と楽しく関わる力」を身につけ、将来にわたって心豊かに生きる力を育てることを目指します。

  • 私たちの考える賢さとは、成績の優劣のことではありません。子ども達が考える力や人と楽しく関わることのできる力、こころ豊かに生きる力こそが、本当の賢さだと考えています。子ども達が、豊かな感性と人間性に裏付けられた賢さを内に秘め、将来にわたって生きる力を存分に発揮できる人間に育つよう努めます。

保育園の方針

0歳から6歳までの6年間、理念に基づく一貫した保育を実践します。

保育園の方針(1)

子ども達は相互に影響しあいながら育ちあっています。

わが子だけに注目せず、すべての子どもの育ち合いを皆で見守っていきたいと考えています。

大人の都合で様々な事情を抱えながら育つ子どももいます。

保護者や職員が深いつながりと信頼の上に立って、皆で子どもの育ちを守り育てていきたいと思います。

保育園の方針(2)

大根布保育園は、地域に開かれた地域と共に育ち合う保育園を目指しています。

保育園の方針(3)

四季折々の自然や動植物に触れ、節分や節句、七夕祭りなど古くから大切にされてきた行事を通してその意味を考え、五感を通した体験から知識を深めていきます。

そのような実体験からの感動と興奮を創作活動で表現し、子どもの感性と創造性を育てます。

保育園の方針(4)

大根布保育園では、園内専門家として常駐する、保育士、看護師、栄養士(調理師)と、医師、大学などの園外専門家が連携し、総合的な発達保障を行うように努めています。

▲このページのトップへ
Copyright © 大根布保育園 All Rights Reserved.